Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
管理人ぽぽが読んだ本の感想を呟いてます。
最近の図書館にはCDもDVDもあるじゃんて
ことでそっちのジャンルの感想もあり。

現在コメントは受け付けておりません。
あまりにも迷惑コメントが多いので。
Profile
カウンター
読書メーター
ぽぽりんさんの読書メーター
グーバーウォーク
おまとめボタン
最近読んだ本
ぽぽりんの最近読んだ本
Mobile
qrcode
Search
別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)
別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ) (JUGEMレビュー »)
有川 浩
恋愛物でこんなに大笑いしていいのでしょうか?
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
2016年2月の読書まとめ
JUGEMテーマ:読書
2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2148ページ
ナイス数:62ナイス

レイデ夫妻のなれそめ 迷い込んだ君の秘密 (ビーズログ文庫)レイデ夫妻のなれそめ 迷い込んだ君の秘密 (ビーズログ文庫)感想
相変わらずラブラブだ〜。ディーお姉様はツンデレなのかと思ってたけど、どうやらマジで陛下が嫌いっぽい。ザイラスに猫被り呼ばわりされるようじゃおしまいだけど。素の陛下を見てみたいもんだ。リナの秘密が少しずつ明らかになってきたけど、まだまだかな?振りとしては最終巻近そうなんだけど。大人の事情で短くなるのか?まあ、次ラストとは言ってないし、まだ2,3巻楽しませてくれるかな。夢を取り戻したらリナはどうなるんだろう...魔物が怖くなったりしないよね?
読了日:2月25日 著者:山咲黒
嘘、ときどき微熱 3 (フラワーコミックスアルファ)嘘、ときどき微熱 3 (フラワーコミックスアルファ)感想
結婚しないつもりなのに避妊してなかったんかいッ!?と突っ込み。あれだけ揉めて、このラストはあっさり過ぎだろう。藤枝って涼子が好きなんだと思ってたのに、全然後引いてないな〜。私の倫理観がおかしいのか元義弟が恋人でなにが悪い?って思うんだけど。だってさ、一緒に暮らしてる連れ子同士だって結婚OKなんだよ。会った事もない義弟なんてまるっきり他人じゃん。義父ならまずいけどさ(爆)
読了日:2月20日 著者:北川みゆき
嘘、ときどき微熱 2 (フラワーコミックスアルファ)嘘、ときどき微熱 2 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:2月20日 著者:小学館
嘘、ときどき微熱 1 (フラワーコミックスアルファ)嘘、ときどき微熱 1 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:2月20日 著者:北川みゆき
たぶんねこ (新潮文庫)たぶんねこ (新潮文庫)感想
ものすごく素朴な疑問なんだけど「...この二月、病に罹らなかった」の「二月」は2月なの?二タ月なの?1話目を読む限り二タ月だと思うんだけど。そうすると11月12月と真冬時期に寝込まなかったって事だよね。年明けで寝込んだら、半年とか言ってないで別の約束事考えるべきなんじゃ...ていうか、寝込んだ時点でダメダメでしょ。話は面白いんだよ。お江戸のミステリー(あんまり血生臭くない)で大好きな妖だらけで。でも、最初で引っ掛ると引き摺っちゃうのよね。約束事に絡んだ話というのはわかるけど、個人的には無い方がよかった。
読了日:2月19日 著者:畠中恵
名探偵コナン 88 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 88 (少年サンデーコミックス)感想
前巻から引きずっていた2人の関係。まあ、そんなもんだとは思ったけどさ。あれだけ騒いでおいて周りのリアクションいまいちじゃない?もっと派手に安堵すると思ったのに。小次郎さんはおねんね中だし仕方ないか(笑)気になったのはゾンビ館だな。生きてる人間があんな体勢で物音一つたてないなんてできるの?それにたった4日で餓死するか?脱水ならわかるけど。確かに災害時の生存目安は72時間だけど、餓死じゃないよね。それに犯人1人で動かした訳じゃないのに、恨み言は犯人のみって。てか、事故だし普通に発見で良かったんじゃ…
読了日:2月11日 著者:青山剛昌
教授と甘美なラブレッスン (ミッシィコミックスYLC Collection)教授と甘美なラブレッスン (ミッシィコミックスYLC Collection)感想
初期の頃の作品集らしい。でも絵は綺麗だね。粗さはあるけど。最後の短編は他所でも読んだな。高校生のくせに何でテクあるの?それと、もしかしてどうでもいいのかもしれないけど、「献愛…」の盗撮犯人誰よ?動機は?ハピエンなのにモヤモヤ〜。
読了日:2月10日 著者:田中琳
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)感想
2005年初版なのに1990年第後半の時代設定なのは何故なのかな?密かにクローンは生み出されているってこと?意図が読めないな。ドラマ化されると知り、ドラマと並行に読んでる感じだったけど、イメージがあまりに違うのでビックリ。ドラマのおどろおどろしさは何なんだろう。キャシー→きょうこ、トミー→とも、ってのは微妙に笑える。そこはどうでもいいんじゃないの。小説はものすごく淡々と静かに動画というより静止画を見るように進んでいく。ずっとその様に読んでたのにラストで涙するのは何故なのかな…
読了日:2月7日 著者:カズオ・イシグロ
略奪された結婚 〜氷姫は蜜愛に蕩ける〜略奪された結婚 〜氷姫は蜜愛に蕩ける〜感想
Kindle。えっとー、この表紙があのヒーローっすか?どう見ても悪役婚約者の目つきだわ。確かに本文中で説明されてる条件を満たしてはいるけど。如何にも悪巧みしてるって表情じゃん。このレーベル(?)は表紙以外イラストがないので確かめようもないけど、イラストレーター間違えたかもね。色好み婚約者にしても、それを表紙にするのは悪趣味だし。中盤過ぎたあたりでくっついたから、婚約者再登場とは予想してたけど。あのラストは極めて楽観的だよね。あの後婚約者が復讐に村を襲うのは間違いない気がする。
読了日:2月7日 著者:吉田行
野蛮で高貴な求婚者野蛮で高貴な求婚者感想
よくある素直になれないヒーローに振り回されるヒロイン物ですな。男ってみんなそうなんだとお若い方々が思い込んだらどうすんだ?もっとバリエーション増やそうよ。あと、いくら思い出の場所でも教会であれは無いわ。ほぼ、というか完璧強姦だよね。せめて甘い言葉くらい囁こうよ。どうして突っ込みどころ満載のヒーローが多いのかなぁ?
読了日:2月2日 著者:伊勢さくら

読書メーター
| 読書まとめ | - |
2015年12月の読書まとめ
JUGEMテーマ:読書
2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2197ページ
ナイス数:38ナイス

神様のカルテ 3 (小学館文庫)神様のカルテ 3 (小学館文庫)感想
医者とはどうあるのが正しいのか、考えさせられる巻でした。一止みたいな医師が好ましいとは思うけど、日常に忙殺されて必要な知識を取りこぼされても困るし。両方あるのがいいに越したことはないけど、そうある為の時間が無いって言うのが問題だよね。医師不足がいけないんだろうけど、簡単に増やせる職種じゃないし。外村看護師みたいに医者を目指そうと思ったけどそれには国語と英語と数学と理科と社会の点数が「ちょっと」足りない人を引き上げるシステムがあればなぁ…
読了日:12月27日 著者:夏川草介
限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)感想
溺愛というかメロメロなだけ。アラフォーのくせにガキっぽい。ヒロインの年齢考えればそれでもいいのかもしれない。イラストでは渋めな感じなんだけどねぇ…しかし、女性嫌い(ていうか恐怖症?)なのにどこでテクを学んだんでしょう?妄想の中で?(笑)兄のくだりは取ってつけたような感があったけど、それ以外は話はまとまってたと思う。突っ込みどころはあるけどね。1万5千字の告白文聞きたかったなぁ〜ww
読了日:12月21日 著者:八巻にのは
天智と天武-新説・日本書紀- 7 (ビッグコミックス)天智と天武-新説・日本書紀- 7 (ビッグコミックス)感想
これも感想入力忘れ。無事日本に帰ってきました。あれだけコテンパンにやられてその後音沙汰無しって、どーでもいい国だったって事?中国的には朝鮮手に入れればOKだったのか。当時は海渡るのも大変だったろうしね。中大兄皇子が病んでるのは相変わらずだけど、鎌足それでいいのか?この先の歴史を見れば良かったのかなぁ…?事情を知らない定恵が哀れでした(T_T)この頃の歴史って残ってるのが少ないし、改変されちゃってるだろうし、色々想像すると楽しいよね♪
読了日:12月11日 著者:
天智と天武-新説・日本書紀- 6 (ビッグコミックス)天智と天武-新説・日本書紀- 6 (ビッグコミックス)感想
あ〜、すっかり感想書くの忘れてたよ。登録した事すら忘れてたんだから仕方ない(汗)なんか中大兄皇子どんどん病んでくるよね。よくこんなんで天皇になれたなぁ…大化の改新と額田王の事くらいしか知らないから、政については何とも言えないけど、大化の改新がクローズアップされてるって事は、その後は可もなく不可もなくだった気がする。有間皇子もあったか。自分の地位を脅かしそうなのは結構殺っちゃってたか。じゃ、何で大海人皇子は消さなかったのかな?今更な疑問(笑)
読了日:12月10日 著者:
暴君皇子の執愛 奪われた純情 (ガブリエラ文庫)暴君皇子の執愛 奪われた純情 (ガブリエラ文庫)感想
Kindle版。皇子バカ過ぎ。ヒロイン以外には結構うまく立ち回ってるんだけどね。あんなことして好かれるわけないじゃん。ヒロインがまた変わった趣味だからよかったようなものの。ヒロインと結ばれたいために童貞守って?たんなら、もう少し初めてのお勉強をしておくべきだったんじゃない?そばに師匠wwがいるんだし。そもそもが初めてで言葉攻めって嬉しくないし。ものすご〜く経験豊かならわかんないけど。初期にあれはないと思うのよね。こういうのが多いジャンルなんだけどさ。何か勘違いしてると思わずにいられない。
読了日:12月8日 著者:小出みき
枢機卿の淫らな救済 〜毒の指輪は秘蜜に濡れて〜枢機卿の淫らな救済 〜毒の指輪は秘蜜に濡れて〜感想
う〜ん…父親の愛人?というか正確には部下?がものすごくしたたかだって設定だけど、どうしてもただの色手口使ってるその場しのぎにしか見えなかった。すごいやり手となってるんだけど、知性が感じられない。それに踊らされる周りの男がバカ過ぎって見方もあるけど。そこまで馬鹿ぞろいの国なのか、となるとこれもまたなんだし。悪役をもっと具体的に謀略に長けた感じに描いてくれれば、スリリングだったのになぁ。緊張感ないのに危機ばかりクローズアップさせようなんて無理だよ。とっとと相談して解決しちゃえ、とイラついた。
読了日:12月2日 著者:華藤りえ
恋闇〜淫らに触れる指先〜 (ヴァニラ文庫)恋闇〜淫らに触れる指先〜 (ヴァニラ文庫)感想
ジャンルがジャンルだから終盤の方までお母さまが不倫してたのかとずっと思ってました(^^;)まあ、してたと言えばしてたんだけど…夫があれじゃあねぇ。絶対遺伝子引き継ぎたくないよね。この場合はヒーローのためにも不倫で正解、みたいな(笑)ヒロイン、いい子ではあるけど、人が好すぎる。てか、騙されやすいだけ。父親もどうかと思うけど。そういう書類あるならきちんと娘に言っておくべきだよね。いつ死ぬかなんてわからないんだから。叔母家族はヒロインの扱い酷いけど結局は小者よね〜。あぶく銭を生かせない時点で終わりは見えてたな。
読了日:12月1日 著者:如月
化け芭蕉  縁切り塚の怪 (角川文庫)化け芭蕉 縁切り塚の怪 (角川文庫)感想
化け物好む中将 と似たような感じかと思ってたら、思い切り暗かった。ところどころ和んだけどね。芭蕉の生い立ちってよく知らないけど、出身地のおかげで忍者だったなんて噂もあるんだよね?あちこち旅してたのは情報を集めるためだったとかなんとか…元武士っていうのは私には初耳で新鮮だった。死の間際にあの時あそこでああしていればに囚われてタイムスリップ?しちゃうなんて。でも、現代の私からすれば芭蕉が一武士で終わっちゃった方がとんでもない話だよ。誰もが知ってるあの俳句やこの俳句が生まれなかったってことでしょ。勿体なさすぎ!
読了日:12月1日 著者:瀬川貴次

読書メーター
| 読書まとめ | - |
2015年11月の読書まとめ
JUGEMテーマ:読書
2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2137ページ
ナイス数:66ナイス

鏡花あやかし秘帖 (ノーラコミックス)鏡花あやかし秘帖 (ノーラコミックス)感想
これ小説のコミカライズみたいだけど、全然知らなかったわ。なんかシリーズみたいだね。泉鏡花は読んだことないから、この作品とどれほどリンクしてるのかわからないけど、妖物は好き♪卯辰がどうしてももっくんに見えてしまう(^◇^;)随分長いこと離れてるから懐かしい感じ。別物だけど。でも、どっちも式神だし。あの作品も早いこと完結してくれんかなぁ…あそこまでドsだとついてけない(-_-;)あ、違う作品の感想になってしまった(汗)
読了日:11月30日 著者:今市子
伯爵令嬢は蜜にまみれて伯爵令嬢は蜜にまみれて感想
すっかり内容忘れてたから、あらすじ見直したよ。よくあるヒーローの勘違いものです。どう考えてもあの台詞はヒロイン本人を呼んでないよね。それにまずは相手の顔くらい確認しようよ。思い続けてた割に杜撰だわ。手間を惜しんじゃダメよね。
読了日:11月28日 著者:鳴海澪
ヤマトナデシコ日和 (フラワーコミックスアルファ)ヤマトナデシコ日和 (フラワーコミックスアルファ)感想
エッセイ漫画?ヤマトナデシコとある割に別に関係無いようなのが混ざってます。てか、殆どがそう?鵜飼いとか盆踊りとか…あ、でも、面白いよ。へぇー、というのが沢山あるし。盆踊りは今更やりたくないけど、歌舞伎はまた観たいなぁ。チケット取れないのよね。新しい歌舞伎座見たいのに。やっぱり3階席狙いなのが良くないのか?でも、一等とか二等とかましてや桟敷席なんてムリムリ〜(´Д`;)
読了日:11月28日 著者:清原なつの
聖☆おにいさん 通常版(12) (モーニング KC)聖☆おにいさん 通常版(12) (モーニング KC)感想
面白いのは変わらないんだけど、ちょっと毛色が違うような気が。どこがと言われても困るんだけど。う〜ん、コアな感じ?どこがと言われても困るんだけど。以前より宗教知識ないとイマイチ意味不明になってきたかも。それでも笑えちゃうのは、やっぱり上手いのよね。
読了日:11月24日 著者:中村光
花嫁指南は甘く囁く 〜伯爵家三姉妹・繭子編〜 (TLスイートノベル)花嫁指南は甘く囁く 〜伯爵家三姉妹・繭子編〜 (TLスイートノベル)感想
三姉妹の末っ子ですな。姉に比べて取り柄がないと思ってる割に、結構奔放に行動してて、一番取っ付きやすいキャラかな。末っ子って要領いいって言うけど、そんな設定かしら。次女が酷かったので、なんかまともに思えたww違うんだけどね。お相手もやっとつりあう身分で障害が無いから、まあ、安心して読めるよね。相手の正体に気付かなかったのは末っ子ちゃんだけだろうけど。読み手は即ネタ見えたよね(笑)
読了日:11月23日 著者:鳴海澪
背徳の愛 〜伯爵家三姉妹・雛子編〜 (TLスイートノベル)背徳の愛 〜伯爵家三姉妹・雛子編〜 (TLスイートノベル)感想
ちょっとこれは無いかも…いくら政略結婚と言ってもさぁ。時代だから仕方ないの?その割に終わりは呆気ないというか。このオヤジ絶対生活習慣病だと思うんだけど、自堕落な生活でも商才はあったのかしら?と、どうでもいいことの方に興味がわいたりする。
読了日:11月20日 著者:鳴海澪
身代わり伯爵の結婚行進曲 (6) 光と歩む終幕 (下) (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 (6) 光と歩む終幕 (下) (角川ビーンズ文庫)感想
もう、前巻までの緊迫感やら暗澹とした空気やら吹き飛ばしました。ここまでテンションの上下激しいのも珍しい。でも、リヒャルトってば、やっとこ押し倒したのに寝ちゃう?それまで目一杯張りつめてたのはわかるけど。やっぱりこれがビーンズなのね。コバルトなら無事コトを終えてから熟睡するだろうに…と言ってもたかが3日ズレるだけの話だから、大差ないっちゃないんだけど。個人的にお茶会はいらなかった。それ入れるなら、初夜を書いてほしかった。勿論節度を保ってだけど。あたふたしたキスシーンだけで、いきなり3人目産まれちゃったもん。
読了日:11月19日 著者:清家未森
身代わり伯爵の結婚行進曲 (5) 光と歩む終幕 (上) (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 (5) 光と歩む終幕 (上) (角川ビーンズ文庫)感想
前巻に続きとんでもないところで終わる。マジで寝かせた自分を褒めたい。リヒャルトの鬼気迫る救出劇は文字で良かったと思わせる気配満々。コミック化する時は控え目にしてね。多分読まないけど。なんだかんだミレーユがスゴく頑張った巻でした。うん、ホント演技力あるよ。ただ、なんで目線が動くのかすごい気になったけど。わざとなのかな?絶対見えてるよねって文章だったし。キスされそうになったのに、落ち着いて話しかけてる所は感心したな〜。まさか気付いてなかったとかないよね?(笑)次はやっと笑顔の表紙です♪
読了日:11月16日 著者:清家未森
身代わり伯爵の結婚行進曲 (4) 裏切りと婚約解消 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 (4) 裏切りと婚約解消 (角川ビーンズ文庫)感想
フレッド様、あなたがいなければ私はこの作品を読み続ける事が出来なかったかもしれません。あなたが出てくるまでの重い雰囲気、そのまま続けば私だけでなくリヒャルトも耐えられなくなったのではないでしょうか?シリーズ初めからあなたに惹かれていましたが、今巻程その存在を貴重に思った事はありません。本当にありがとうございます。チャラくてモテモテで実は腹黒でとんでもなく賢いのにひたすら空気を無視するその在り方は、何者にも代えがたい存在です。どうかこのまま完結までリヒャルトを支えてあげてください。
読了日:11月12日 著者:清家未森
私の愛した犬私の愛した犬感想
三姉妹シリーズの長女編。タカビーな美人姉です。貴族なので結婚は政略が常識、という時代。それにしてもあそこまでひどい相手にしなくても…それでも結婚させようとする親は何考えてんだ?女性の地位が低い時代にあんなのが夫になったら人生モノクロ世界だね。ちゃんと犬のとこに逃げたけどwwでも、婚礼直前だったのに後始末どうしたのかしら?
読了日:11月8日 著者:鳴海澪
レイデ夫妻のなれそめ 王宮に咲く君の花 (ビーズログ文庫)レイデ夫妻のなれそめ 王宮に咲く君の花 (ビーズログ文庫)感想
いやもう、ここまで甘々だと言うことないです(≧∇≦*)勝手にやっててくれ(僻み)て感じ。でも、ザイラスよりリナの方がずっと読めない。隠された面がごろごろあるような…無邪気で素直に見えて自分てものをしっかり持ってる。だけど目を離すとすぐ何処か行っちゃいそうな。天使のように清らかという訳じゃないのに周りを虜にしちゃう。ザイラス曰く「魔性の女」らしいけど(笑)あながち間違いでもないような。取り敢えず次もありそうなので、またも溺愛されるリナを楽しみに待ちます( ´艸`)
読了日:11月3日 著者:山咲黒
みだらな熱帯魚 4 (フラワーコミックスアルファ)みだらな熱帯魚 4 (フラワーコミックスアルファ)感想
せっかく両想いになったのに焦らすよね。その周りで野島だの圭だのもあれこれ動き回ってるし。圭、最初はやな感じだったのが、喧嘩したとこにつけ込まないで、慰めちゃったのが意外。でも、カッコイイよ♪またしても叶「1秒だって待てない」(〃▽〃)イケメンだから許される台詞だからね。4巻でラストと思ってたら5巻が出てる。まだ完結じゃなさそうですな。取り敢えず愛莉と叶は両想いなんだから、この先は唯ちゃんと雛子さんメインでもいいかなぁ〜。
読了日:11月1日 著者:北川みゆき
みだらな熱帯魚 3 (フラワーコミックスアルファ)みだらな熱帯魚 3 (フラワーコミックスアルファ)感想
はぁ(*´ω`*)叶イケメン♪ま、最初からそうだったけどさ。久々に見ると改めて感じるよね〜。あの目がいい!射抜かれちゃいそうに鋭くて釘付けになる。しかもあの告白。卑怯だろ〜(//∇//)あそこで名前呼ぶか?まあ、呼ぶけどさ(笑)イケメンて告白もイケてるのかしら?
読了日:11月1日 著者:北川みゆき

読書メーター
| 読書まとめ | - |
2015年7月の読書まとめ
JUGEMテーマ:読書
2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2721ページ
ナイス数:94ナイス

王の花摘み ~甘い執着と淫らの籠~ (シフォン文庫)王の花摘み ~甘い執着と淫らの籠~ (シフォン文庫)感想
おいおい王様、あんた勝手に一目惚れしておいて「裏切られた」も何もないでしょう。残酷ではないかもしれないけど相当ガキだね。大体ヒロイン嘘つくのメチャ下手でしょ。普通に人を見る目があるなら自分の意志じゃないって台詞からわかるでしょ。勝手に怒って、あっさり据え膳頂いちゃって、挙げ句拉致かい!信じられないわ〜。最初に怒るんだったら自分に見る目がなかったと怒るべきでしょう。あれは八つ当たり以外の何者でもないよ。帝王学ってのは人を見る目は教えてくれないのかな?王様にはとっても必要な能力だと思うんだけど。
読了日:7月27日 著者:笹田芽生
君の肌を壊す夜 (フラワーコミックスアルファ)君の肌を壊す夜 (フラワーコミックスアルファ)感想
表題作のタイトルの意味がわからなかった。繊細な指が何故壊すとつながるんだろう?まあ、毎度イケメンだからいいんだけど(こればっかww)DEARは彼女目線と彼目線とで面白かった。彼女目線でなかった台詞を入れるのはちょっと狡いと思ったけど。あの台詞が彼女の方で出てきてたら印象変わったと思うんだけどな。オマケ4コマは面白かったけど、二人どっちがどっちなのか途中までわからなくて困ったわ(^_^;)
読了日:7月25日 著者:北川みゆき
僕だけのバタフライ (フラワーコミックスアルファ)僕だけのバタフライ (フラワーコミックスアルファ)感想
唾棄すべき二股野郎も、大人の付き合いをエッチだけと考えてるバカ野郎も取り敢えずイケメンなんだよね〜。本命の桜井くんはもちろんだし。いや、しかし、23歳という若さで大人すぎるだろ。主人公が子供なのか?両方ともで丁度いいのかも。桜井くんの我慢強さにひたすら脱帽でした。TLにはいないタイプだね(笑)ってこれTLなの?
読了日:7月25日 著者:北川みゆき
燦 6 花の刃 (文春文庫)燦 6 花の刃 (文春文庫)感想
冒頭が田鶴藩入りだから、舞台が移るのかと思ったら、冒頭に来るまでの話がメインだったのね。話忘れたんだか、気付けなかったのか圭寿と伊月の恋バナには目が点でした。そ、そうだったんだ…でも、不毛というか未来がないというか、結ばれる組合せじゃないよなぁ〜。燦は燦で篠音が闇神波にやられちゃってるし。確か死んじゃったよね?しかし前田鶴藩主は酷かったのね。ぞっとしましたわ。お隠れになってホッとした。伊月の父親が曲者っぽいからまだ心配だけど。
読了日:7月23日 著者:あさのあつこ
月下に滴る花雫 後宮艶情夜話 (シフォン文庫)月下に滴る花雫 後宮艶情夜話 (シフォン文庫)感想
葉月さん久し振りかな。殆ど読み尽くしてるかも(汗)大体TLの感想は文句たらたらなんだけど(だったら読むなってww)葉月さんとは割と相性がいいみたい。ヒーロー結構好きなのが多い。今回体格はちょっとアレだけど、それ以外はOKかな?TLでは体格が問題かしら(笑)誰にもされたことないなら好きになるか嫌いになるかわからない、という説得(?)に妙に納得。痛いかどうかもわかんないしね(^ω^;)悪役は定番なのは仕方ないとして、黒幕が一度も姿を見せなかったのは残念。持ち札のお姫様も見たかった。ページ数不足かな。
読了日:7月22日 著者:葉月エリカ
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)感想
また来た太宰。学生時代数冊読んで嫌いになった作家。普通嫌いなのは1冊目であわないとわかるんだけど。好きな人はすごく好きだよね。結構両極端に分かれるんじゃないかな?人気アイドルの好きな芸能人1位が嫌いでもランク入りしちゃうみたいな(笑)無視できない存在感があるのかも。題材の好き嫌いはともかく。今回もラストまで来て「そっから伏線かいっ!」と見事にやられました。ミステリーでやられるのは悔しいけ嫌いじゃない。先読みできる方が困るしね。それと栞子さん意外と積極的なのに口あんぐりでした。自分からって(///_///)
読了日:7月22日 著者:三上延
私が欲しい氷の男 (花とゆめCOMICS)私が欲しい氷の男 (花とゆめCOMICS)感想
弓さん短編集。最初の2話は女性目線と男性目線で同じカップルを描いてます。ヒロインのど根性には頭が下がります。ホント尊敬しちゃう。だけどなのかだからなのか、男性はかなりのヘタレ。ムダに年食ったのか年ゆえなのかはわからないけど。無表情でも言葉は扱えるでしょ。しかも現国の教師ときたもんだ。ま、ラストの一気告白は流石に語彙豊富(笑)最後の話はそうくる?って感じ。だって他は一応ハピエンなのに。ん〜、本人にとっては幸せなのかな?でも残された方はどうなんだろう。
読了日:7月18日 著者:弓きいろ
夢見る人魚は魔法使いに溺れる夢見る人魚は魔法使いに溺れる感想
アンデルセン?の人魚姫がモチーフ。人間になる代わりに差し出すのは声じゃないけどね。時間軸では人魚姫の話が遠い過去として扱われてます。王子様(本当は国王)のキャラが凄くて、童話でもそうだけどあんまりいい扱いされてないなぁ(笑)でも、人魚の血が本当に不老不死の薬だなんて。自分達は死ぬのにちょっと無理があるかなぁ…しかもあれマジで死んでたよね。瀕死ならもう少し表現変えたほうがいいと思う。まあ、魔法使いの素晴らしい自制心に免じてww流すとするか。だってあれ人魚姫の方は被害受けてないもんね。
読了日:7月17日 著者:白ヶ音雪
おじさまの悪だくみ (ソーニャ文庫)おじさまの悪だくみ (ソーニャ文庫)感想
「恋色骨董…」が面白かったので購入。この人はおじさま好きなのかしら?8歳で30歳のおっさんに恋する感覚がわからない。まあ、ソーニャだし。主人公の父親もそんなおっさんとの結婚快諾していいのか?政略結婚にはありがちだったのかな〜。タイトルの悪だくみが伏線との事だけど、どこが悪だくみ?まさか悉く縁談潰した件ではないよね。そんなの普通だし(この感覚マズイ?)ラストの方でちょこっと出てきたおじさまトリオの件か?ソーニャなのにあんまり歪んでなかったな。ある意味ヒロインが歪んでたくらいかな。面白かったけどその点残念。
読了日:7月13日 著者:斉河燈,岩崎陽子
虜囚の姫騎士 乱された金の髪虜囚の姫騎士 乱された金の髪感想
ちょっとヒロインの父親とか有り得ないわ〜。あんな親に育てられてよくまっすぐ育ったね。あんな王様が治めてる国だし。余程家臣が優秀なのね。って、まあ、相手の国もどっこいどっこいの王様だから大丈夫なのか。でも、国は二つだけじゃないしね。攻め込まれたら一発じゃん?なんか感想がずれてしまった(^_^;)本筋の為にこんなしょーもないキャラ設定するのはどうなのか、と。思ったのよね。本筋あったのかも疑問だが…
読了日:7月10日 著者:吉田行
恋する媚薬に甘く濡れて恋する媚薬に甘く濡れて感想
いやいやいや、最初から相手は明らかでしょ。媚薬飲んでても逃げようとした男にさせちゃう(あ、してないか)訳ないじゃん。しかし、この手の話ってどうしてどうしようもなく使えない奴らがのさばってるのかしら。普通に考えて「こいつに権力握らせたらやばい」ってわかるでしょ。周りの貴族馬鹿過ぎる。一時自分が潤っても国が消えたらそれも消えるって何故わからない?あ〜、それとヒロイン危機感なさ過ぎ。やばい相手とわかってて二人きりになるとか、出された物簡単に口にしちゃうとか、襲ってくださいと言ってるようなもんじゃん。
読了日:7月6日 著者:波羅蜜りん
恋色骨董鑑定譚 〜幸せの欠片〜【電子書籍限定短編】<恋色骨董鑑定譚> (フルール文庫 ルージュライン)恋色骨董鑑定譚 〜幸せの欠片〜【電子書籍限定短編】<恋色骨董鑑定譚> (フルール文庫 ルージュライン)感想
こちらはシュガードールの続き。結婚は決まったけど、式を挙げるかどうかで悩んでるのが始まり。有礼さん的には小っ恥ずかしいというのもあるんだろう。しかしあそこ迄人気ならちょっとはフォローしとくべきだったんじゃないの?仕事絡みとはいえ婚約者弾き出しは駄目でしょ。なんか歳の割に女性の扱い不器用だよなぁ。閨ではかなりなのに(爆)でも、夏子がそれで前向きになったから結果オーライ?確かに紋付袴が似合うだろうけど、この際モーニング?燕尾服?も見てみたい( ´艸`)
読了日:7月6日 著者:斉河燈
恋色骨董鑑定譚 〜甘く酔わせて〜【電子書籍限定短編】 (フルール文庫 ルージュライン)恋色骨董鑑定譚 〜甘く酔わせて〜【電子書籍限定短編】 (フルール文庫 ルージュライン)感想
キャラメリゼの後日談だったかな?Kindleで短編1編だけ。雰囲気はあって良かったです。短すぎるのが難だけど。お値段的に…(^ω^;)200円未満でお願いしたい。電子書籍って嵩張らなくていいけど、価格にお得感がないよな〜。
読了日:7月4日 著者:斉河燈
恋色骨董鑑定譚 〜ノスタルジック・シュガードール〜 (フルール文庫 ルージュライン)恋色骨董鑑定譚 〜ノスタルジック・シュガードール〜 (フルール文庫 ルージュライン)感想
一応TLに分類してるけど、勿論そっちのシーンもあるけど。やっぱラノベ分類でもいいかなぁ…ま、確かな線引きがある訳じゃないしね。シリーズラストということで最終的にはまとまると思ってたけど、ここまできてこんなに気持ちのすれ違いがあるとは。同棲までしてるのに。有礼さんが初めの頃よりヘタレ度上がってるのが要因か?今時不惑なんて言葉だけで実態は伴ってないから、ありなのかもね。でも、そこまで弱気なら自分を達観したおじさん扱いしない方がいいよ。可愛いっちゃ可愛いけど(笑)
読了日:7月1日 著者:斉河燈
覆面竜女 皇帝は欲する、天界の華 (コバルト文庫)覆面竜女 皇帝は欲する、天界の華 (コバルト文庫)感想
なんか副題のまんまのラストでした。いや〜、思いきり盛り込んだなぁ。まあ、回収しなきゃならないしね。竜気がなんなのかとか、蒼翔の母上とか容華の故郷とか、それなりに解明されたけど、何で竜娘が魍魎になったのか、天華の儀式は何故中断されたままだったのか、八剣士から外された瞬慧が皇帝になったの何故か…等々不可解な点は結構残ってるけど、短編で拾ってくれるだろうか?ラスト2ページぶち抜きのイラストうっとりです・:*:・(*´∀`*)・:*:・蒼翔腹黒く(爆)立ち回った甲斐があったってもんだ。
読了日:7月1日 著者:藍川竜樹

読書メーター
| 読書まとめ | - |
2015年6月の読書まとめ
JUGEMテーマ:読書
2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2082ページ
ナイス数:61ナイス

眠れぬ騎士に花束を (花とゆめCOMICS)眠れぬ騎士に花束を (花とゆめCOMICS)感想
あの図書館戦争の弓さん短編集。これから二人の恋は始まるのねってところで終わってる。もう少し先まであるといいなと思うけど、読後感は悪くない。しかし相変わらず男性美形よね( ´艸`)もうちょっと押せば直ぐ落とせそうだ(笑)怪盗の話は結局続けるんかい?とモヤモヤが残った。だっていつかは捕まるよね。じゃなくても立場的にくっつけないし。これはまだ書き込んで欲しかったかな。
読了日:6月20日 著者:弓きいろ
覆面竜女 巫女は目指す、六花の頂点 (コバルト文庫)覆面竜女 巫女は目指す、六花の頂点 (コバルト文庫)感想
だんだんと危機迫って来てハラハラ感増大。それに比例して蒼翔がヒーロー度上げてるから、それはそれとして嬉しい限りです。見た目と中身が合致してきたね♪容華のお師様はやっぱり凛玉さんみたい。皇帝が10年前何を見て(して?)薬物中毒になったのかは謎だけど。あとは竜気かなぁ…竜娘と魑魅魍魎どちらにも関係してそうなのは確実だと思うけど、どう繋がってるのか。竜娘が魍魎になった件も解明されてないし。次で全部拾えるのかしら?
読了日:6月19日 著者:藍川竜樹
シンデレラ・ブライダル (ティアラ文庫)シンデレラ・ブライダル (ティアラ文庫)感想
ん〜、仁賀名さんて何冊か読んだけど、こんなだったっけ?まあ、エロシーンはてんこ盛りなんだけど、何と言うかドキドキしない。村上春樹みたいにエロさを全く感じないというのではなく、エロいのはわかるんだけどサラッと読み流せちゃう。はっきり言うとつまんない濡れ場。ストーリーもなんだかなぁ、だし。ヒロインが勘違いするのは分からなくもないけど、それを最後まで放置するヒーローは何なんだ?すっごい馬鹿?鈍感?側に女たらしの友人いるんだから口説き方くらい勉強しとけや(-_-;)
読了日:6月18日 著者:仁賀奈
カミサマ×おれさま×旦那様!? (4) (あすかコミックスDX)カミサマ×おれさま×旦那様!? (4) (あすかコミックスDX)感想
黄泉の器かぁ〜。でも別に瓜二つである必要はないよね。それともヒルコだから改造されたとか?だけど静=ヒルコならアマテラスの弟っておかしいし。むしろアマテラスが妹だよね。あれ?そういえばイザナギってどこ行ったんだっけ?まあ、取り敢えず置いといて。2人(1人と1神)は無事現世に戻れるのかなぁ…前途多難な気がする(;´Д`)
読了日:6月9日 著者:サカノ景子
図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS)図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS)感想
しっかり読了しました。あ〜、14巻寝かせた甲斐があった。一人当麻先生を守る立場になってからの郁が眩しくて切なくて、これに惚れなきゃ男じゃないだろ!という感じ。アメリカ領事館前の立ち姿、カッコよかった☆惚れ惚れしました。でもさ、堂上教官いじわる(`ε´)ぶーぶー。そりゃ、郁が言ったけどさぁ。困り果ててる郁も可愛いけどさぁ。あんなに追い詰めることないじゃん。あれ、どうかするとくっつく前に破局だよ?結城さんあたりなら絶対壊れるねwwそれに、乙女心としては行動で示されるのもいいけど、ちゃんと言葉にしてという面も。
読了日:6月8日 著者:
図書館戦争 LOVE&WAR 14 (花とゆめCOMICS)図書館戦争 LOVE&WAR 14 (花とゆめCOMICS)感想
寝かせました。最終巻と続けて読むために、年越しいたしました。以下最終巻にもタッチするかもしれないのでご注意を。待ちに待ったというか、キュン度100%というか…いや120、もしかして150?というあのシーンです♪実際にはやばいんだよ。めちゃくちゃピンチなんだよ。普通のアクションものなら、もうハラハラして見てられない!とっとと次行って〜、みたいな場面なのに何なんでしょう、あの甘さは?どこからこういう発想が出てくるのかホント頭の中覗いてみたいわ。それを絵にしちゃう弓さんもすごいわ。あ、もう文字数がない(汗
読了日:6月7日 著者:弓きいろ
恋色骨董鑑定譚 〜クラシック・ショコラ〜 (フルール文庫 ルージュライン)恋色骨董鑑定譚 〜クラシック・ショコラ〜 (フルール文庫 ルージュライン)感想
恋色〜のシリーズ2巻目。えーと、三角関係?当の夏子は全く自覚してないけど。有礼さんがヤキモキしてるのに表面上は落ち着いた振りしてるのが笑えた。余程惚れ込んじゃったのね。不惑辺りで恋に落ちると素直に嫉妬できないのか〜。年齢差で気が引けるのかな?でも、ライバルも同年代だしね。密かに火花散らしてたな(笑)幾つになっても恋はいいもんだな( ´艸`)
読了日:6月3日 著者:斉河燈
蜜牢の海 (ソーニャ文庫)蜜牢の海 (ソーニャ文庫)感想
相手が兄弟なんで必然的に3Pですね。一人ずつの時もあるけど。普通の3Pってのがわからないのでなんとも言えないけど、二人同時に攻められつつ最後まではお一人ずつなので、そんなに違和感はなかったかな?まあ、ラストは後ろも使っちゃったけど。元使用人の告白後の主人公の行動がソーニャっぽいと言えば言えるかな。あとは別に…3人とも幸せなんだからいいんじゃないでしょうか。
読了日:6月3日 著者:西野花
恋色骨董鑑定譚 ~アンティーク・キャラメリゼ~ (フルール文庫 ルージュライン)恋色骨董鑑定譚 ~アンティーク・キャラメリゼ~ (フルール文庫 ルージュライン)感想
これはTLというより普通の年の差恋愛物でいいのかも。舞台が舞台なだけに風情があってゆったりと進んでいく二人の関係に癒されました。津田さま素敵です。ちょっと早とちりなところが年に似合わずって感じもするけど。恋は盲目だしいいんじゃないでしょうか。夏子がいいのなら。お義母様に対するのが花火の様な恋だったとしたら、夏子に対するのはゆっくりじんわり床暖ですかねぇ。風情のない喩え(^_^;)でも、床暖はエアコンみたいに乾燥しないしいいんだよ☆
読了日:6月1日 著者:斉河燈

読書メーター
| 読書まとめ | - |
| 1/24 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex